脱毛エステの痛みについて

脱毛エステを受ける時に気になるのが痛みではないかと思います。ですが、痛みの感じ方はとても個人差が大きいです。肌の状態によっても異なりますし、毛の濃さや量によっても違うと思います。また、ホルモンバランスなどにも左右されます。そして、脱毛の施術内容によっても異なってきます。

脱毛エステを行う際、一番痛い場所はVIOラインと言われています。次いで脇、膝下・膝上、足の甲、襟足などです。VIOラインは、VラインとIラインが特に痛みを感じるそうです。毛の量が多い場所へ行けば行くほど、痛みは強くなるようです。またデリケートゾーンは肌も弱い所なので、余計痛いのではないかと思います。ですが、痛いのは施術中のみなので、痛みを引きずるということはなさそうです。

意外にも痛みを感じるのは脇です。脇は、長年自己処理を続けてきた人が多いと思うのですが、その場合毛も濃くなってしまっています。なので痛みを感じる人が多いようです。我慢できないこともないようですが、どうしても痛いと感じたときは施術を中断してもらうことをお勧めします。

施術方法で最も痛いのは、ニードル式の脱毛方法です。毛穴に針を入れて熱を発生させて脱毛処理を行うので、痛みはどうしても出てきてしまいます。中には耐えられないという人も出てくるので、痛みに弱い人は止めた方がいいかもしれません。レーザー式の脱毛方法も痛みがあって、よく言われるのは「ゴムで皮膚をはじいた感じ」というものです。レーザーの場合は美容外科などの医療機関でしか施術はできないので、場合によっては麻酔をすることも可能なので、相談してみる事をお勧めします。

脱毛エステの中で最も痛みが少ないのは、光脱毛と言われています。痛みを全く感じないという事ではありませんが、他の方法に比べると格段に痛みは少ないようです。
各エステサロンでは、本格的な施術に入る前に、お試しとしてどのような痛みなのかを体験させてくれる所もあるようです。脱毛は続けて通うものなので、顔脱毛人気ランキング.bizなどの情報サイトを参考にしつつ、痛みを知る事は大切だと思うので、ぜひそのようなカウンセリングを受けてから契約するべきではないかと思います。