家にたくさんの人を招く

今日は、弟夫婦が会いに来てくれました。
私の屋敷は広く、お金もあったので、お手伝いさんを雇っていました。
弟の友人で商社勤めのA君も一緒に来てくれました。

A君のお父さんは私たちの一家に雇われて、畑で働いていたのですが、A君自身は自分でお金を稼いで富裕層の仲間入りをしました。でも彼は「百姓の子はしょせん百姓なのさ」と自分に言い聞かせており、我が家との昔ながらの関係を保とうとしていました。

それからほかにも、たくさんの人が私たちの家を訪れてくれました。家はまさに人でいっぱいになってしまい、みんないい意味で興奮しているようでした。私は部屋を見回すと、そこここで、自己紹介が始まっていました。